スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

佐藤真さんを悼む

「阿賀に生きる」の映画監督、佐藤真さんが死去されました。

佐藤さんは「天の魚」とも浅からぬご縁があります。砂田明さんの「天の魚」巡演の初期、1980年に東京大学の構内で上演した折、文学部の学生だった佐藤さんは招聘の中心人物のひとりとして活躍されました。その後水俣病支援とのかかわりを深め、香取直孝監督「無辜なる海」のスタッフとして水俣の隣町に住み込んで映画を撮ったことが、「阿賀に生きる」につながりました。


>>続きを読む

スポンサーサイト


管理人のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/06(木)17:00

お知らせいくつか(2)

もう1件。
1980年に砂田さんの公演を東大に呼んだときのスタッフであり、今回後援会にも参加してくれた映画監督・佐藤真氏より、新作のロードショーのお知らせが来ています。

エドワード・サイード OUT OF PLACE
http://www.cine.co.jp/said/

ポレポレ東中野にて 11/25(土)~12/29(金)

アクセスはこちら


管理人のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(1)2006/11/27(月)18:16

お知らせいくつか(1)

『天の魚』とは直接関係はありませんが、いくつかお知らせが来ているのでご紹介します。

まず、東京不知火座の座員で、和光大学展公演でも裏方として活躍してくれた佐藤健太氏より。

-------------------------------
生きるあかし 鈴木時治油彩展-遺作-
-------------------------------

>>続きを読む


管理人のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)2006/11/27(月)18:05

アンケート集計中

水俣・和光大学展での公演が終わって1週間。ようやくアンケートの集計作業にかかることができました。

たいへん、熱心に書き込んでくださった方が多く、有難いことです。「海の上のシーンでは情景が目に浮かぶようだった」「生き生きと思いが伝わってきた」などの感想をいただいています。「本公演が楽しみ」と書いてくださった方も多く、身の引き締まる思いです。

会場の制約から「見えにくかった」とのお叱りもいただきました。来秋の公演は演劇向けの本舞台ですので、ゆっくりご鑑賞いただけると思います。駅前で便のよい場所でもありますので、足をお運びいただければと存じます。


管理人のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)2006/09/29(金)18:52

あと10日だ~!!

水俣・和光大学展まであと10日!!
いよいよ、最初の上演が迫っています。

稽古は順調に進んでいるようだけれど、裏方はだいじょうぶなのか・・・?

これからまだまだ詰めなければなりません。最後の追い込み。


管理人のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)2006/09/05(火)17:19

原田正純さんのお話

化学史学会シンポジウムに座員数名が参加し、原田正純さんにお会いして賛同人をおひきうけいただきました。

シンポジウムでのお話は、「胎児性水俣病の教訓」というタイトルでしたが、むしろ、よりひろく胎児への化学物質の影響にかかわる内容でした。以下、管理人の印象に残った点です。

水俣病研究の初期、当時は胎盤を毒物が通過するとは考えられていなかったため、胎児性の証明に時間がかかったこと、新潟水俣病の発生に愕然としたこと。母親が摂取した有機水銀が胎児に蓄積し、胎児は重症になるが母親は症状が軽いこと、それを「この子が水銀を吸い取ってくれたから私は何ともないんだ」と母親たちが表現していること。

>>続きを読む


管理人のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/20(火)18:40

新潟の水俣病

今年は水俣病「公式確認」50年。1956年5月1日、新日本窒素(現・チッソ)水俣工場附属病院の院長・細川一医師(故人)が、水俣保健所に「原因不明の神経疾患が多発している」と報告した日をもってそう呼ばれている。
一方、「第二の水俣病」である新潟水俣病は、昨年が「公式確認40年」だった。1965年5月31日に新潟大学の椿忠雄・植木幸明教授が新潟県衛生部に「原因不明の有機水銀中毒が阿賀野川下流域に散発している」旨報告、6月12日にこれが正式に発表されている。

41年前の昨日だ。

2年後の1967年6月12日、新潟水俣病の患者家族が、昭和電工を相手取って訴訟を提起。最初の本格的な公害裁判と言われる。


>>続きを読む


管理人のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/13(火)11:27

«  | HOME |  »


tennoio

メールでのお問い合わせは info@tennoio,jp

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

!トラックバックスパムが多いため、トラックバックは承認制にさせていただきます。承認後の反映となるためすぐには表示されませんのでご了承ください。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Trackback People 水俣病


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。